PR

【レースレポート】第8回 SAURUSマラソンチャレンジ 2年ぶりのPB更新! ネガティブスプリットとはいかなかったけど、なんとか粘れました。〜一応、トレーニング(距離走)として走ったのです〜

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
レース振り返り

さて、今回は2022年12月25日に、大阪市の長居公園で行われた、【SAURUSマラソンチャレンジ】フルマラソンの部に出場したレポートです。

 

あ、ちなみに私はサブ4を数度達成したことがあるけど、この2年ほどは必ず途中歩いてしまっている50代市民ランナーです…

 

結論から言うと、

 

 PB達成!

 

後半キツかったけど、なんとか粘れた!ってレースでした。

 

SAURUSマラソンチャレンジについて

今回、私が出場しました『SAURUSマラソンチャレンジ』とは、アスリート向けアミノ酸サプリメントでおなじみのAMINO SAURUSを販売する【SAURUS JAPAN株式会社】が主催するマラソン大会。

いままでは、オンライン形式から始まり、5km〜ハーフマラソンの部が実施されていました。

そして今回、満を持してフルマラソンを開催するにいたったそうです。

 

東京と大阪で開催をしていたのですが、ここ長居公園で開催するのは今回が初めて。

フルマラソンを実施するのに、いろいろ候補地を厳選していくなかで、ここに決まったようですね。

 

コースは、上で書いた通り長居公園。

その公園内の長距離走路(ランニングコース)

2021年の大阪国際女子マラソンが、コロナの絡みで急遽コースが変更になって長居公園内の周回コースになりましたが、ほぼそれと同じコース(同マラソンでは、ゴールをスタジアム内のトラックに設定)。

そもそも、長居公園の周回コースは、15周すると42.195kmになるように設計されています(1周2.813km)。

なので、今回のマラソンは周回コースを15周することになります。

 

給水テーブルは1箇所で、水とAMINO SAURUSのスポドリ。

あとは自分でスペシャルドリンクを置けるテーブルも準備されていました。

 

高低差は、全くのフラット、というわけでは無いですがさほど気になりません。

自分のGPS調べでは、一番高い箇所と低い箇所の差は20mほど。

 

まぁ比較的記録は狙いやすいコース、という印象です。

 

 

SAURUSマラソンチャレンジに出場したキッカケと狙い

さて、そんなSAURUSマラソンチャレンジなんですが、そもそもなぜこの大会を選んだのか。

結論から言うと、本命マラソンへ向けて30kmを超える距離走をするのに、ちょうどいい大会が近所で開催されたから、というのが理由です。

 

実は、基本的には私は1年間(1シーズン)に2回しかフルマラソンにはでません。

 

2022-2023年シーズンは、11月に【あいの土山マラソン】、2月に【京都マラソン】が決まっていましたので、それ以外は考えていませんでした。

 

でもね、その11月の【あいの土山マラソン】は、フルマラソンをマネジメント出来なくて4時間25分でフィニッシュ。

 

このマラソンの後、悔しくて、いろいろ考えて、【後半型】、つまり30km以降にペースをしっかり上げられるマラソンを目指してトレーニングをし始めました。

 

そして、それを2月の京都マラソンで上手くやるのに、できれば40km近い距離走で感覚を掴みたいなーって思ってたんです。

 

そんな時に見つけたのが【SAURUSマラソンチャレンジ】。

今、ちょうど長居公園から徒歩5分のところに単身赴任しておりまして。

 こんな都合のいい大会はない!

ってんで即申し込んだってわけです。

 

あくまでも今回のマラソンは、練習の一環

失敗してもいいから、後半に体力が残るような走りをしたい。

そうすれば、課題も自ずと見えてくる。

 

まぁ、そうは言っても記録を無視はしません。

感覚的には、いくら練習の一環とはいえ、普通に走り切れればPB出ると思ってたのでね。

 

スポンサーリンク

 

SAURUSマラソンチャレンジのレースプラン

さぁレースプランです。

前半抑えて、中盤落ち着き、後半上げるのが理想。

なので、こんな感じのペースをイメージしていました。

  • 〜15km:キロ5:20〜5:30
  • 〜30km:キロ5:10〜5:20
  • 〜ゴール:キロ5:00〜5:10

 

ちなみに、私の日頃のジョグのペースは、キロ5:30前後です。

 

これで行ければ自己ベスト(3時間52分)はゆうに上回る

 行ければね(笑)

とにかく、【体力の貯金を作る】

これが最大のテーマになるかな。

 

SAURUSマラソンチャレンジ レースはどうだった?

さて肝心のレースです。

上で書いたように、結果はPBでした。

まぁいいレースだったと思います。

70%くらいの満足度、と言ったところでしょうか。

 

シューズは、レース用として使ってきたHOKA ONEONE の【リンコン3】

 

ただ、レースで使うのはこれが最後。

もう何度も使ったからね。

これからは、単身赴任先でのジョグ〜ポイント練習(閾値走等)シューズとして履きまくる予定。

 

で、結果はこんな感じ。

距離タイム累積時間平均ペース
〜5km27:3627:365:31
〜10km26:4754:235:21
〜15km26:141:20:375:15
〜20km25:541:46:315:11
〜25km25:482:12:195:10
〜30km25:362:37:555:07
〜35km26:293:04:245:18
〜40km28:403:33:045:44
finish12:○○3:45:○○

こうしてみると、やはり30km以降にカラダが動かなくなってきて、ペースが落ちていった様子が手に取るようにわかりますね。

まあ、ズルズル行かずこのくらいでおさまったおかげで、PBにつながったんでしょうが。

 

ちょっと悔しいっすね。

 

展開を思い返していきます。

 

スタートして、私の目の前に4時間のペーサーに付く集団が出来上がりました。

最初から追い抜くのに体力を使うのも嫌だったので、少し付いていくことに。

キロ5:30くらいで巡航してくれたらいいなー、と思って付いてたんですが、見事に1km目5:40、2km目5:40。

 

さすがにこれだと遅すぎるので、2kmすぎてから少しペースを上げて追い抜きました。

序盤は風もあまり吹いていませんでしたので、単独走のデメリットもそれほどなかったんでね。

 

あとはとにかく目標タイムを超えないように、焦らす走り続けました。

 

ただね、10〜15kmの間が少し速くなってしまってます。

キロ5秒くらいですか。

 

こういうのがあとあと響いてくるんですよね。

 

中盤に入り、単独走は続いていきます。

実は、途中で3時間45分のペーサーに追いついたりもしたのですが、いまいちペースが合わなくて、付かずに先に行きました。

 

ただね、だんだんと風が強くなってきて、正直少し単独走はキツいな、と思い始めてきてまして。

 

そんな中で順調にペースを刻み、25〜30kmでは少し(キロ3秒程)想定のペースをより早くなりましたが、無事に30kmを通過しました。

 

この辺りで一段と風は強さを増していて、場所によっては結構走りにくい区間も出てきているのとともに、日陰で風を受けると少し寒く感じるところもありました。

 

終盤に入り、レースプランではここからもう一段階ペースを上げていくつもりでしたが、疲労やカラダの冷え等で正直走り続けるのがやっと。

32km過ぎまでは、キロ5:10を切るくらいのペースで粘っていたのですが、そこからズルズルと落ちていき、35kmまでキロ5:30くらい、40kmに差し掛かるくらいにはキロ6:00が見えていました。

 

ただね、そこで下げ止まり。

なんとか最後キロ5:45くらいでまとめて、フィニッシュまで持っていくことができました。

 

今後の課題

今回のマラソン、30kmまではレースプランとそれほど乖離なく進むられた。

でも、少しペースを上げるタイミングが速かったかな、という気はする。

10〜15kmのペースが少し速い、20〜30kmももう少し抑えめでも良かった。

 

自分の走力を42.195kmで上手に出すためには、より一層の【ガマン】が必要なんだと身にしみました。

 

ただ逆に言うと、今回それなりにガマンして体力を温存できたおかげで、最後完全失速してしまう、というところまでは落ちなかった。

 

やはり、序盤に体力を温存するっていうことは、ホントに大切なんだ。

最近の練習内容等で参考にしている本、『30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法』(著 小出義雄)の中で、序盤の1キロと終盤の1キロを、同じ1キロとしてあつかってはいけない、的なことが書いてありました。

 

その意味を体感できた、よい機会になりました。

 

次は、もう少しガマンして、より良いレースが出来るようにトレーニングしていきます!