たにしん

マラソントレーニング

ペース走 5Km×2本 @5:00 レスト4分 〜失敗です。中足骨の痛み〜

これからどんどん暑くなっていくので、持久力のトレーニングは継続しにくくなります。であれば、心肺を鍛えたいなーということで、ペース走に。
マラソントレーニング

ジョグ10Km 腕振り・脚の折りたたみを意識、意識!

今のフォームの意識は主に腕振り。下半身に腕振りがついてくるのではなく、腕振りで下半身をリードできるように、コンマ何秒か腕の始動を早めています。
マラソントレーニング

閾値走5Km ポイント練習は久しぶり! 〜設定はキロ4:45〜

閾値走のペースはキロ4:45。心拍数は160前後で推移してくれればいいかな〜。狙いは心肺の強化、LT値の向上。
スポンサーリンク
マラソントレーニング

ジョグ10Km 脚の折りたたみ 微調整

Youtubeで大迫傑選手の動画を見ていると、ジョグのところでは、さほど踵の引きつけなんかは行ってないんですね。だったら私のジョグペースでも、そこまで脚の折りたたみ・踵の引きつけは意識しすぎないでいいのかな、と。ですから今回は「心持ち意識しよう」くらいにしてジョグ。
マラソントレーニング

ジョグ10Km 新たなシーズンが始まります! 〜脚を折りたたむ〜

ただ踵を引きつける、脚を折りたたむだけではなくて、股関節の屈曲がしっかり作れるように、足が後ろに流れないように気をつけて… うまく出来ているときは、明らかに接地時間も短く、腰も高い状態でキープできている感触がありました。
マラソントレーニング

なにわ淀川マラソン 振り返り 〜サブ4を2戦連続できたけど…〜

目標は3時間45分。イーブンペースだとキロ5:20を少し切るくらい。予定では、最初の1キロを焦らずに5:30くらいで入って、そのあとは5:15〜5:20で巡行したいなぁ、と。
レビュー雑感・商品紹介

フルマラソン当日 朝食と補給食

フルマラソン当日の食事ってあんまり気にしていなかったのですが、前回のフルマラソンのときに炭水化物を意識的にたくさん摂って、エネルギー切れを防げたように思うのでそれにならって。あと、補給食も今までの良かった点と気になる点を踏まえて選びました。
マラソントレーニング

トレッドミル20分 刺激入れ ビルドアップ 〜フルマラソン3日前〜

今回(3/25)はトレッドミルでした。   たにしんです!   結果 フルマラソンを週末に控えていますがなかなか時間が取れなくて、 仕事を無理矢理早めに切り上げて、帰宅後トレッドミル...
レビュー雑感・商品紹介

フルマラソン前だけど、仕事が忙しくて走れていません… 〜Yogibo 気持ちいいので〜

そう、Yogibo!他のビーズクッションとは一味違うその心地よさ。椅子にもなるくらいの絶妙な「硬さ」、ベッドの代わりになるんじゃないかと思う「厚み」。今度一人で暮らす機会があったら、ベッド、ソファ無しでこれだけあればいい!って思う
マラソントレーニング

ジョグ5Km 週末のフルマラソンに向けて調整 〜膝を折りたたむ感じ〜

お尻近くまで上がってると思っていた踵は膝くらいまでしか上がっていませんでしたので、ウォーミングアップやランニングドリルでも、しっかり脚を折り畳んで踵が上がるように動きました。そうたぶん、これでもイメージ程は上がってないのでしょうが…。
マラソントレーニング

ペース走8Km @5:20 フルマラソン1週前 本番に向けて調整 〜3時間45分目標〜

月末のフルマラソン本番を見据えて、その序盤を走るイメージ。具体的には、ゆっくり入ってリズムが出てきたらカラダなりにペースを上げて、キロ5:15〜5:20の間で巡航。
レビュー雑感・商品紹介

ズームフライ3 レビュー 〜厚底+カーボンプレートシューズを試してみたいランナーへ〜

クッション性については自分的には秀逸。しっかりと厚みを感じる、硬めで分厚いミッドソールが、地面の感触を奪い取ってしまうかのような衝撃吸収を発揮。
マラソントレーニング

ペース走10Km @5:15 フルマラソンに向けてペース確認 〜このペースでは無理そうです〜

今回の狙いは、もうフルマラソンへ向けての調整期間と思っているので、本番のペース確認です。今回走ってみて、このくらいでいくのか、も少し速くするのか遅くするのか、考えようかなと。
マラソントレーニング

5KmTT 目標21分台 〜3時間45分切りを目指すトレーニング〜

この5KmTTで、どのくらい仕上がっているのか、どのくらいのペースでフルマラソンを戦うのか、を考えたいと思います。
マラソントレーニング

フルマラソン2週前 トレーニングメニューを考える 〜現状確認のため5KmTT〜

これからの計画は、まず現状の走力を把握して、フルマラソンのペース計画を練る。 そしてそのペースをトレーニングで把握しつつ疲労を抜いていく予定です。