【サブ3.5目標 ポイント練習】ミドル走ハーフ(21.1km)ペースは@5:20で 〜ちょっとムキになったかな〜 

スポンサーリンク
マラソントレーニング

私、物事を飽きずに続けていられるタイプだと思っています。

マラソン中継を観ていられることは当然のことながら、F1なんかも観ていられます。

プラモデルを黙々と作ったりするのも好きですし、漫画だったらずーっと読んでいられます。

 

あれ、でも仕事は飽きるな…

 

単に、好きなものは続けていられるってだけか…

 

たにしんです!(twitter @tanishinrun

 

今回(9/13)はミドル走を行いました。

私的にミドル走とは、15〜20kmくらいのペース走

その設定とか狙いとかを書いてみます。

ミドル走のペース設定

ミドル走で基準にしているのは、目標とするレースペース(サブ3.5だとキロ4:55くらい)より少し遅いくらい。

 

ただし、まだ9月で気温も30℃程あるということと、まだ「長距離」という意識でトレーニングをし始めて間がないことから、もう一つ遅めのキロ5:20に設定

 

距離は、このところロングジョグで20kmは走れていたので最低そのくらい。

行けそうなら25km、という感じ。

あまり負荷が高すぎると、そこそこ距離がある分ダメージが大きくなりすぎて、練習の継続性が損なわれるので注意。

 

ま、今考えると設定20kmで余裕を持って走れることを目標にした方が良かったな。

理由は後述。

ミドル走の狙い

ある程度長い距離を、しっかりとしたペースで走るので、私はスタミナ向上・筋持久力向上・スピード持久力向上を狙っています。

 

心肺的には、ゆっくりのペースでも効果は変わらないそうなんです。

ただ、ペースを決めることで緊張感が違うので、自ずと効果も違ってくるかな、と実感しています。

あとは筋力的な負荷も違うように感じるので、個人的にはミドル走もちゃんと取り入れていきたいと思っています。

今回のミドル走はどうだった?

で、今回のミドル走。シューズはポイント練習用のズームフライ3PRM

で、結果はこんな感じ。

距離ラップタイム平均ラップ
5km26:185:16
10km26:115:14
15km26:185:16
20km26:055:13
21.1km5:375:06
設定のキロ5:20クリア!

まぁ設定をしっかりクリアできたんですが、練習内容はちょっと良くなかったかな。

 

というのも、「頑張りすぎ」ですね。

 

これ、少し冷静になってブログを書いているから思うんでしょうね。

 

実はこの時期、午後になるといつもの練習コースは、「下り基調の追い風」「上り基調の向かい風」になるんです。

 

それもまあまあ強めの風が…(今回は4m/sくらい)。

 

だったら、今回は一周5kmだったんでトータルで考えれば良かったんですが、設定ペースに縛られちゃって「上り基調の向かい風」でも設定を切らないように、ムキになって走っちゃった。

 

だもんで、そのたんびに負荷が大きくて心が折れそうになってました。

これが余裕を持って走ることを目標にしていたら、もっと柔軟に走れてたかな、と思うんです。

 

おかげでハーフの距離が「目一杯」

 

足腰にかなり疲労感を残してしまいました。

 

こうなると、これから時間をかけて疲労を抜かないと故障につながるので、気をつけて練習しないと…てなるよね。

 

まぁね、これはこれでトレーニングなんです。

でもね、トレーニングには「意識性の原則」てものがあって、その効果や目的、方法なんかを意識して初めて大きな効果が得られる、とされています。

 

実際、終盤の向かい風ゾーンでは、脚が後ろに流れている実感があったのに、余裕がなくて修正出来んかった。

今回の練習が追い込む予定だったら、それはそれでもっと違うメンタルで、それこそ修正にも臨めたかもね。

 

まぁ何事もトライandエラー。

次はもっとうまくやります!

 

ちなみに、ポイント練習の前後ではしっかりと筋膜リリース。

故障したくないのでね。

 

シェアする
スポンサーリンク
プーマオンラインストア
スポンサーリンク

【PUMA EXCLUSIVE(エクスクルーシブ】
スポーツデポ・アルペン限定販売!
機能性とファッション性を兼ね備えたPUMAのオリジナルレンジ

スポンサーリンク
事務員さんのランニングブログ!