トレッドミルで閾値走20分 ZWIFTRUNだと心拍数を見ながら走れるしね 〜外がダメなら家でポイント練習〜

スポンサーリンク
マラソントレーニング

「秋の日はつるべ落とし」なんていいますよね。

 

秋のすぐに日が暮れちゃうよー、ということです。そろそろ朝に布団から出づらくなってきて、朝ランの出発時間がジリジリと遅くなりがち。

 

私的には、走りに行くタイミングを逃して結局走れなかったーなんてことが起き始める時期です。

 

マラソンシーズンなのに(笑)

 

これはね、気持ち・気合いの問題だけなので、気を引きしめてシーズンに臨みたいと思います!

 

たにしんです!(twitter @tanishinrun

 

今回(10/31)は閾値走でした。

といってもトレッドミル【ZWIFT RUN】ですけどね。

 

閾値走の設定

時間は20分

外で閾値走するときは、私は距離で設定するんですが今回は時間で。

 

一般的には閾値走は20分程度と言われているので、ちょうどいいですよね。

日頃外で閾値走するときは少し走り過ぎちゃうんで。

 

強度は心拍数で設定します。

感覚的にはちょっとキツいくらいの強度で、心拍数としては最大心拍数の88%〜92%くらい。

ということで、私の場合は心拍数160前後でいきます。

 

ちなみに、ウォーミングアップ・クールダウンは5分ずつとっています。

 

スポンサーリンク

閾値走の狙い

乳酸処理能力の向上と、スピード持久力の向上が狙い。

乳酸処理能力が向上すると、ここからキツくなる!という心拍数の基準が上がって、より高い負荷でも運動し続けることができるようになるそうです。

 

運動強度が上がると血中に乳酸がたくさん発生する。その乳酸を素早く処理(エネルギーとして代謝)できれば乳酸は溜まらない。

 

溜まってしまうとカラダがストップかけちゃうんでね。

 

その処理能力が上がれば、負荷が上がっても溜まらないでしょ、ということらしい。

 

今回の閾値走はどうだった?

トレッドミルでの閾値走。

基本的に休日は外で走りたいのですが、朝(だけでしたが)はあいにくの雨。

 

この時期になると、気温が低いのでシャワーランへの敷居が高い!

ということで、朝ランは諦めて次に時間が取れる夜に走ることに。

 

夜、外に走りに行こうかとも思いましたが、いろいろ悩んで(めんどくさくなって)トレッドミルをすることにしました。

 

とはいえ、先週も心拍数を上げるような「短く速く」的は練習をしていなかったので、日頃のジョグとは違ってポイント練習【閾値走】をすることに。

トレッドミルでポイント練習をする場合、せっかくなんで心拍数やペースをしっかり確認しながら行いたいので【ZWIFT RUN】にします。

 

 

ただし、ここで注意点。

「ペース」が信用ならんのですよね。

まあ目安にはなりますが、「走り方」によって結構前後してしまう。

そもそも動く走行面を走っているので「走り方」が実走とは違う。

 

なので、ポイント練習を「ペース」で設定してしまうと強度が見合っているのかわかりずらい。

 

ということで、設定は「心拍数」で行う方が効果的!

 

いつも使っているランニングウォッチ「GARMIN ForeAthlete235J」はブルートゥースで心拍数を送信できないので、Polarの胸ベルト式心拍センサーを使っています。

 

 

で、ウォーミングアップを5分ほどして、その後スタート。

最初3〜4分で徐々に心拍数が上がり、だいたい160〜163で推移。

そのまま頑張って20分走りきれました!

 

【ZWIFT RUN】でなにがいいかって、心拍数をリアルでチェックしながら、上がりすぎ・下りすぎをトレッドミルのスピード調整で簡単に修正できること。

 

実走で心拍数管理をすると、いつも上がりすぎちゃうんですよね。

 

これもあって、あまり外では閾値走をしないんですよ、【ZWIFT RUN】の方が効果的な気がしてね。

 

ただね、いつもよりキツく感じることは確か。

【ZWIFT RUN】でゲーム感覚でできているとはいえ外で走るの比べると退屈だし、なによりすぐにやめられちゃうので「しんどい」の声をかき消すのが大変(笑)

 

今回も何度途中でやめようかとおもったか!

 

でも最後まで頑張れる俺ってやっぱりサイコーだ、とも思う(笑)

 

あ、ポイント練習ができるからといって朝布団からでなくていいや、というわけではありません。

やっぱり一度に30分程度が限界なんでね。

 

シェアする
PVアクセスランキング にほんブログ村

 
【Zoff × takashi kumagai】

スポーツに激しい動きはつきもの。
顔のラインにフィットするシェイプで心地よい視界とかけ心地を実現し、さらに鼻元やテンプルにラバーを配することでずり落ちしにくい工夫も。
シックな配色で普段使いにも最適です。

スポンサーリンク
icon icon

【HOKA ONEONE トワイライト ラン パック】

夕暮れに沈む太陽のようなオレンジとピンクが際立つ、ウインターシーズンに最適なアパレル&フットウエアコレクション。

スポンサーリンク
icon icon
事務員さんのランニングブログ!