アミノバリュー ランニング前に飲んでみたレビュー 〜効果あるかも〜

スポンサーリンク
レビュー雑感・商品紹介

「良薬口に苦し」なんていいますね。

でもねこどもの頃、こな薬が飲めませんでした。

風邪をひいた時なんかに、病院で処方されるやつ。

たぶんPL的なやつだったのかな。

苦い、というよりは不味くてね。

 

ま、無理やり飲まされるのですがえずい・・・たり、吐き出したりしてたわけで。

最近はこども用のこな薬って多少味付けなんかしてるんでしょうね。

 

そんな私もお大人になり、こな薬にも抵抗がなくなって、今では自ら粉末のアミノ酸等を摂ったりする。

成長したな(笑)

 

たにしんです!(twitter @tanishinrun

 

このところ、20km以上の距離を走る時はアミノバリュー(大塚製薬)を摂るようにしています。

思っていた効果が感じられたのでレビューしてみようと思います。

 

結論から言うと、練習後の疲労感が軽減されたように感じます。

 

あくまで個人的な感想ですが。

なぜアミノバリュー

アラフィフの私。月日の経過と共に、練習後の疲労感を感じることが強くなってきました。

特に距離を踏んだ練習の後で。

 

練習後に、ずーっとゴロゴロしていていいのなら問題ないですが、そんな高貴な身分であるはずもなく…

 

そこで、サプリメントでなんとかならんかなーって調べてみました。

「疲労回復」ではいろいろヒットするのですが、疲労感の軽減となるとなかなか…

 

そんな中で目に留まったのが【BCAA】

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、【BCAA】とは、

必須アミノ酸(体内で合成できないアミノ酸)であるバリン、ロイシン、イソロイシンを指しています。

これを運動時に摂ることで得られる、よく知られている効果としては、筋肉の分解を抑えてくれるということです。

詳しく知りたい方は調べてみてくださいね(笑)。いっぱい出てきますよー。

 

で、私が注目したのはもう一つの効果。

 

脳内のセロトニン抑制効果

 

セロトニンって脳内で増えると、疲労感・倦怠感を引き起こすと言われてるらしい。

 

詳しいプロセスは調べていただければと思いますが、【BCAA】の血中濃度が上がると、同じ経路を辿るセロトニンが抑制されて、結果脳内のセロトニンが抑制されるってことみたい。

 

まぁ要は、【BCAA】をしっかり摂れば疲労感を感じにくくなるって言われてるってことですよね。

 

んで、【BCAA】で一番最初に頭に浮かんだのは…

 

アミノバリュー!

 

アミノバリューについての公式ページはこちら

アミノバリュー、飲んでみた感想

味・飲みやすさ

以前にドリンクタイプは飲んだことはあるのですが、今回試すのはサプリメントスタイル。

要はスティックタイプですね。

 

まぁ飲みやすいと思います。

 

「水なしでも飲める」を謳っております。

確かに、あのアミノバイタルより口の中で溶けやすい。

ただ、私としては流石に飲み物は欲しいかな。

 

味はグレープフルーツ。

アミノバイタルより苦味は少ないですね。

 

スポンサーリンク

 

効果のほどは・・・

で、飲んでみた効果なんですが、

 

練習後の疲労感、減ったね

 

と感じています。

あくまでも個人の感想ですが。

 

【BCAA】の効果として挙げた筋肉の分解抑制や、トレーニング中での疲労感の軽減は正直あまりよくわからないのですが、練習後のカラダの芯からくるように感じる疲労感は随分減った気がします。

 

飲む度毎回ね。

 

あとね、2週間ほど前に《ガチユル走》やったんですが、その時メニューの終盤になってもわりと余裕あったんですよね。

これってアミノバリューの効果かしら。

 

 

まとめ

結果、私には

アミノバリューが合っている!

ということかな。

 

これね、フルマラソンにも使ってみようと思っています。

そのくらい気に入ったということですよ。