ズームペガサス37 雑感

レビュー雑感・商品紹介

もうすでに400Km近く走っているズームペガサス37 ですが、今更ながら雑感(レビューと書く自身はないのです😓)を書いてみます。

あ、当方は所詮陸上競技経験0の、そしてランナー歴2年のただのオッサンですので、さして参考にはなりませぬ故。

ズームペガサス37

購入は2020年の6月。ほぼ通勤・帰宅ランに使用していますので、一度に長距離を走ることがありません。

サイズはズームフライ3と同じものを使っていますが違和感はありません。ただ、ナイキは踵のフィット感を重視していないのでしょうから、そこに関してはスカスカに感じます。

で、使ってみての感想ですがフォアフット〜ミッドフットでのトレーニングシューズとしてオススメ、という感じでしょうか🤔。

 

重量はそれなりにあるはず(27.5cmで277グラム程)ですが、重いとはあまり感じないです。なので、どんなトレーニングをするときも手に取ることを躊躇することがありません。

 

見た目は厚底モデルだと思うのですが、ズームフライ 等と比べるとそうは感じません。ソールが柔らかく感じて屈曲もしやすく思うのが原因ですかね。ちゃんと「地面」も感じ取れます。

ミッドソールにはリアクトフォームを使っており、それも増量しているとのことなので、なるほどかかと部分のクッションはかなり感じます。

そのクッション性も、私がヒールストライクでないこともあるでしょうが、今のところヘタった感じはありません。同じくアウトソールもすり減りが少なく、長く使えるシューズという印象を持っています。

ただ後述するズームエアとの感触の違いもあって、反発はあまり感じません。リアクトフォームは反発性も特徴だとは思うのですが、反発を受けるのがヘタクソな凡ランナーの私では、その恩恵にはあずかれないようです。

 

で、使っていて感じるこのシューズの一番のキモは、前足部に搭載されているズームエアだと感じています。

前作の36ではフルレングスだったそうですが、このモデルは前足部のみに変更しかつ、その量を2倍にしたとのこと。

明らかにかかと部分と感触は違っていて、何というか、薄い高機能素材が衝撃を見事に吸収し、踏めばしっかり反発する、という感じ。

そして明らかに感触が違うので、ここで踏めばいいんだ、というのがとてもわかりやすくなっています。

これを活かすのにはフォアフット〜ミッドフットでないと…と思ってしまうのです。

 

アッパーは半透明の仕上がりで、伸縮性もあるのでしっかりフィットしています。真夏の日中に履くことがなかったので、蒸れに対する感じはわからないのですが、素材感からするとそれなりに通気性もあるのかな。

ただ、今早朝の寒い時間帯に履きますが、スースーする感じもないので、逆に言うと通気性に過度の期待はできないと思います。

 

まぁこんなとこですかね。

もっといろいろ感じられるようにたくさんのシューズ履きたいっすね〜。

資金があればですが…

以上!

この記事の関連商品

コメント