後脛骨筋腱炎? 走りながら様子を見よう 〜ピンチがチャンス〜

たにしんです!

昨日(2/3)は朝から足首の調子が良くありません。

自分診断では「後脛骨筋腱炎」。

まぁ少しクセになってるかな、と思うくらいよくある症状なのですが。

 

まだ圧痛はないですし、走れないわけではないので、現状ではランニングしながら治していく選択です✌️。

 

なので、昨日はきちんと通勤ラン、帰宅ランこなしました!

通勤ラン3Km

帰宅ラン5Km

 

シューズはズームペガサス37。相変わらず脚のどこかが調子が悪い、ということが多いので、やはりシューズ、特に荷物を持つ通勤・帰宅ラン用だと、こういった足に優しいものがマスト。

 

朝は3Kmと短いので、ペースを抑えて足首に負荷がかからないように気をつけて。

帰りは5Km。この距離になるとごまかしが効かなくなってくるので、いかに足首〜ふくらはぎに負担をかけないフォームで走れるかを実践しなければいけません。

これが走りながら治すカギになります。

 

このところのランニングの意識として、出来るだけ後ろに着地して、より重心の真下になるように意識しているのですが、後ろへの意識が強いのか、少し蹴って進んでしまう時があります。

※ 私、蹴らないフォームを目指しています。

 

蹴り出す時は必ず爪先が最後に地面から離れる、つまり爪先立ちになるので、そこからの蹴り出しが強くなると、足首、ふくらはぎに負担がかかる気がします。

実際、蹴ってしまうと足首痛いんです。

 

なので、後ろに着地する意識はそのままに、そこからよりシザース運動、要は着いた足をすぐに地面から離し、それを後ろではなく前へ送るように

同時に足裏の屈曲を最小限に抑える、そうシューズのソールがまっすぐなまま地面から離れるように。

 

イメージとしては、足が地面について、体重がかかる前に離してまうくらいです(実際にはそんなことはないのであくまでもイメージ)。

 

昨日の帰り5Km、これを丁寧に繰り返していると、ほとんど痛みを感じなかったので、いい感じだと思います。

 

ピンチをチャンスじゃないですが、まだ走れるくらいの痛みがある時は、フォーム改善の良い機会だったりもするので、自分の場合は、痛み→即ランオフとはなりません。

 

まぁ我慢できないだけですけどね。

コメント