PR

【めざせサブ3.5! 練習日誌】クルーズインターバル走 2km×4本 『ちょっとキツイな』のまま走り続ける。昨シーズンの良い時の感覚

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
マラソントレーニング

私、阪神タイガースのファン。

いや、もう気持ちは一員。

 

昨年は見事に日本一!

おまけに『アレ』は流行語。

 

今シーズンも、負ける要素が見つかりません。

全勝するんじゃないか、と思うくらい。

 

キャンプインのこの時期、いつも妄想に花が咲く…

 

たにしんです!(X〈旧twitter〉 @tanishinrun

 

女子マラソン、前田穂南選手も『アレ』で日本記録達成したそうな。

 

今回(2/4)はクルーズインターバル走でした。

久しぶりのクールインターバル走。この『キツさ』と友達になってきました!

 

クルーズインターバル走の設定

さて、今回の設定。

距離は1本につき2km

コレを4本

 

そしてペースは4:30/km

リカバリーは400m

 

クルーズインターバル走なので、ペースは閾値走と一緒。

 

昨シーズンは単身赴任をしていて。

毎週のように閾値走を行ってた。

季節を問わずね。

 

基本的に休みが連休だったんで、週末にポイント練習と繋ぎジョグ、平日に閾値走の組み合わせ。

 

平日に時間の都合がつけやすかったからねー

 

そのおかげで、特にしんどくなってから『粘る』という走りが、ことの他いい感じでできてたように思います。

 

かたや今シーズンは、単身赴任から解放されたけど、仕事の環境が変わったこともあって連休はほぼなし。

逆に、上手くいけばしっかりとしたポイント練習が週2回できる。

 

そうなると、サクッと終われる閾値走はあまりやらなくなりまして。

 

でも冬になって、スピード持久力を鍛える時期になると、自然と閾値付近で走ることも増えてきましてね。

このところ、やっと昨シーズン感じた『粘り』の走りができるようになってきた気がします。

 

 

クルーズインターバル走の狙い

今回のクルーズインターバル走では、閾値の向上、スピード持久力の向上、心肺を鍛える、てところを期待。

そして上でも書いた通り、キツくなってから粘れるように

 

レースが直近にない場合は、クルーズインターバル走や閾値走では心拍数を強く意識しています。

大抵、終盤で狙っている心拍数帯を超えてしまうので、ペースを調整します。

 

でもレースがある時期は、追い込みたい気持ちもあるので。

コントロールするのは、心拍数ではなくペースにしています。

 

今回くらいのペースだと、4本だと結構キツくなる。

気温が高かったり疲労があると、走りきれない負荷。

 

なので、クルーズインターバル走とは言ってますが、最後は結構心拍数は上ります。

そこを耐えてこそのメニュー、ですね。

 

また逆に、ある程度仕上がってると、ペースが上がりすぎる。

1週間前に、仕事終わりに閾値走(20分)をしましたが、その時はペースが速すぎ。

TTみたいになってしまって、走り続けたら5kmのPB出たんじゃね、くらいに。

 

その反省もあるので、今回はカラダがノってきても、決して調子に乗らないように。

 

スポンサーリンク

 

当日のクルーズインターバル走、どうだった?

さて、当日の様子。

出発は朝7時半。

雨上がりでそれほど寒くなく、気温は5℃。

 

コースは京都の宝ヶ池公園北園。

コンクリートの約450m周回コース。

 

シューズはPUMA ディヴィエイトニトロ2

 

家からコースまでの約5kmを、ウォーミングアップとしてジョグ。

 

で、結果はこんな感じ

距離タイムペース平均心拍数
2km8:564:28/km151
2km8:474:24/km160
2km8:504:25/km162
2km8:454:22/km162
設定ペース4:30 リカバリー400m

 

設定クリア!でございます。

少しペースが速かったけど…

 

なかなかの負荷でしたが、歯を食いしばり、耐えに耐えて走り切りました。

 

1本目は無難に入れましたが、やはりこのペースになると、もう2本目にはキツい

正直、最後設定を守れなくても、頑張れるだけガンバローを目標に変えたくらい。

 

でも、キツいままペースは落とさない。

2周目終了までそのまま。

 

3周目も同じく。

4周目も同じく。

 

そう、キツい中でもしっかり粘って、ペースを保ち続けることができた

「キツさを受け入れたまま走る」みたいな感覚。

昨シーズンの良い時に感じられた感覚。

 

3月のフルマラソンに向けて、このまま追い込むぞー。

そしたらいけるかも、アレ。