PR

【レビュー】On クラウドエクリプス オン史上最大級の分厚いミッドソール!意外と汎用性も高そうだ。 〜サイズ感とかクッション性とか〜

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
レビュー雑感・商品紹介

最近、ランニング界隈で俄かに注目されている『On』のシューズ。

 

周りの市民ランナーはもとより、YouTubeのインフルエンサーだったり、それこそ街中での普段履きや出勤のサラリーマンまで。

そこかしこで『On』のシューズを見かけます。

 

もともとデザイン性には定評がありましたが、最近は機能の向上が目覚ましい!との意見を散見します。

 

そんな中、私史上初めての『On』のシューズ、クラウドエクリプスを購入。

 

「Onのシューズに興味はあるけど、実際どうなん?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

私も前々から興味があったんです。

で、今回やっとタイミングがあって購入できました。

 

そんな私が、50代ランナー目線で感じたことを書いてみたいと思います。

 

結論から言うと、

 

厚底・超クッションシューズだけど、めっちゃ幅広く使えるやん!

ロング走に超おすすめ!

 

速い人、ゆっくり走る人、若い人、私と同年代の人。

いろんな方々に使ってみてほしいの一品です!

 

Onとは

 

さて、今回私はOnというメーカーのシューズを買いました。

もうずいぶん知名度が上がってきたメーカーですが、一応簡単に説明を。

 

Onはスイスのメーカー。

ちなみに日本の営業所としてオン・ジャパン株式会社があります。

 

設立は2010年。結構新しいメーカーですね。

製品としてはランニングのシューズ・ウェアが中心で、テニスシューズも少しですが作っているようです。

以前から、そのデザイン性は高く評価されていて、最近では機能面でも注目を浴びるようになってきました。

 

♣︎デザインと機能性を両立させた、今注目度急上昇のブランド!Onの公式オンラインストアはこちら

 

クラウドエクリプスを選んだ理由

さて、今回このクラウドエクリプスを理由ですが、

  • ジョグ用のシューズが欲しかった
  • 重たくてもいいので、クッション性が高いのを期待して
  • おしゃれさんぽいから(笑)

 

まぁ理由としては、大したものはないのです…

 

ジョグ用のシューズが欲しかった

このシューズを買うまでは、ジョグには

  • NIKE ズームペガサス39
  • HOKA ONEONE リンコン3

を使っていました。

 

しかしながら、ちょうど2足が同じ時期に走行距離1000kmを突破。

私、基本的にはシューズの入れ替えは1000kmを目安にしているので、新たなジョグシューズを物色することに。

 

重たくてもいいので、クッション性が高いのを期待して

レース用に使っていたPUMA ディヴィエイトニトロ2(プレート内蔵)を、ジョグを含めた汎用的に使い始めることは決めていました。

このシューズは幅広く使えるのでね。

 

なので、今回買うジョグシューズはキャラクターの違うもの。

重たくてもいいので、しっかりクッションが効いて、ジョグ〜ロング走〜LSDで使いやすそうなものを探すことに。

 

おしゃれさんぽいから

前々から『On』のシューズには注目をしていました。

カッコイイんでねー。

YouTube なんかをみていても、履いているランナーさんが確実に増えているし。

 

それに加えて、クラウドモンスターが発売されたあたりから、その機能性もかなり評価するコメントを目にします。

これはOnから選ぶしかない、と調べることに。

 

ホントはクラウドサーファーを買うつもりだったんですが、ちょうど買うタイミングでクラウドエクリプスが発売に。

On史上最大級の厚底、と言われれば買わないわけにはいかないな、これは運命だな(笑)、ということで購入!

 

スポンサーリンク

 

クラウドエクリプスの特徴とその感想

では、あらためてこのシューズの特徴を。

 

私が購入したのは、Flame /Ivoryという色。

朱色っぽい色ですね。

 

なんでも、染色に原液着色法なるものを採用して水の消費量を90%削減したそうな。

エコです。

 

で、特徴的な分厚いミッドソール

 

Onといえば、『CloudTec』って竹輪を並べたようなソールが有名。

しかーし、このクラウドエクリプスは新しく開発された『CloudTec Phase』という構造を採用。

楕円形の穴が、斜め向いて並んでいるこの構造が、快適なクッショニングとスムーズな体重移動を実現しているらしい。

その上、今回はそれが2層構造!

もうこの上なく!ってことですね。

 

この『CloudTec Phase』、最初に搭載したのは、もともと買うつもりだったクラウドサーファーというモデル。

これには、こちらもOnといえば、という機能で『Speedboard』というプレートが有名なのですが、それは搭載されず。

しかし、今回のクラウドエクリプスは『Speedboard』搭載!

 

おそらく、反発というよりは走行安定性を狙ったんでしょうねー。

 

次に重さ。実測で291g(27.5cm)

 

サイズ感は若干大きめ

NIKEやアディダス、PUMAなんかで27.5cmを履いていて、今回一応同じサイズを買ってみた。

このままのサイズでもいけますが、ハーフサイズ小さくてもいけたかなー。

 

その上、前足部がかなりゆったり。

他メーカーのワイドサイズと遜色なし。

 

ソールに広さを出すために、ゆったりめに作ったんだろうか?

これも走行安定性狙いなのかな?

 

走ってみた感想

もうすでに150km程走っております。

 

使ってみて、まず強く感じるのが、

 

 しっかりとした履き心地

 

ですね。

ソールの沈み込みが少ない、と言った方がわかりやすいですかね。

上で少し触れたクラウドサーファーは、聞くところによると柔らかめの履き心地らしい。

同じ『CloudTec Phase』構造なので、クラウドエクリプスも柔らかいのかと思いきや…でした。

『Speedboard』のおかげなんですかねー。

 

でもよくよく考えたら、これだけの厚みがあって柔らかい履き心地だと、不安定極まりないかな。

それから考えると、このしっかりさは必然ですねー。

 

で、このしっかりさのおかげですかね、

 

 ちゃんと反発もします。

 

さすがにポンポン跳ねるとは言いませんが、キロ5:00より速いスピードで走っても、違和感ないですね。

重さをカバーするだけの反発力は、持っているようです

 

かなり厚めのソール、柔らかくはない履き心地。

ということなので、

 

 かなりの厚底感

 

です。

背が高くなった、と感じるくらい。

そして、この厚めのソールが非常に効果としてあらわれているのが、

 

 衝撃吸収性の高さ

 

です。

クッション性、と表現してしまうとなんだかフカフカのソールをイメージしてしまいます。

決してフカフカしているのではなく、しっかりとしたソール。

なので、このシューズを表現するには『衝撃吸収性』という言葉の方がしっくりきます。

 

この、類まれなる衝撃吸収性、そして前述のある一定の反発。

これらから導き出される、このシューズの最も効果的な使い方は…

 

 ロング走!

 

だと思います!

 

実際に、何度も20km〜30kmのランニング使っていますが、

脚持ちがいい。

 

30km走の終盤でも、キロ5分を切って走らせてくれる。

最近は、ロング走をする際にアップダウンのあるコースを走ることが多いんですが、それでも最後までペースを落とさず走り切れる。

 

こんなこと今までなかったからねー。

 

あと、細かいところで言うと、アウトソールのグリップは化もなく不可もなく。

 

前足部・中足部・踵、どこで着地しても印象は大きく変わらないですね。

 

ここはちょっと…なところ

どんな靴でも、完璧なことはなくって。

いくつか気になるところもあります。

 

まず、靴ひもがあまり良くない。

安っぽいと言った方がいいのかな。

手触りも今ひとつだし、伸縮性もない。

定価が結構高いので、こういうところでケチって欲しくないなぁ。

 

次に、足幅がゆったりしているのはいいんですが、ゆったりしすぎ。

私、それなりに足幅は広いんです。

日本人なのでね。

でも、あくまでそれなり。

ナイキやアディダスのランニングシューズも、足幅が狭いと言われていますが普通に履けますからね

 

このゆったりしすぎのために、アッパーのホールド感とかフィット感がわからない。

毎回使用する前に、かなりきつめにひもを縛るようにしてます。

 

次に接地感がない。

そりゃこれだけ厚底で、プレートも入っていばそうなりますわな。

個人的には全く気にならないのですが、「ジョグでは接地感が欲しい!」って方もいらっしゃるのでね…

 

てなところです。

 

ホントにロング走に使いやすくて、購入して以来かなりのスピードで走行距離が伸びてます!

そうそうにヘタる、ということもなさそうなので、ガンガン履いていこうと思います!