PR

【レビュー】ASICS EvoRide SPEED2 ノンカーボン軽量シューズ! スピード練習用に購入してみた

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
レビュー雑感・商品紹介

私、50代市民ランナー。

フルマラソンではサブ3.5を目標に、そして今シーズンはトラックレースにも挑戦するおじさんランナーです。

 

そんな私が今回、ASICSの【EvoRide SPEED2】(エボライド スピード2)を買ってみました。

 

昨シーズン(2023-2024)のフルマラソンに出場した実感として、周りのランナーさん達のアシックス着用率の高いこと!

数年前の、ナイキ一辺倒はどこへ切ったのやら。

 

そんな、市民ランナー大注目のアシックスの中で、スピード重視群の一つであるエボライドスピード2。

実際使っている感想を、まとめてみたいと思います。

 

結論から言うと…

 

ちょい硬めのミッドソールと軽量感で、脚を動かすスピード練習にバッチリはまる!

 

って感想です。

 

購入の動機

まず、今回何を目的にエボライドスピード2を購入したのか。

 

この春夏、トラックレースに挑戦することにしまして。

例年よりスピード練習にチカラを入れることにしたんです。

ただ、昨年からスピード練習をする際のシューズには、イマイチ満足いってなくて…

なので、新しいスピード練習用のシューズを物色。

 

今回シューズに求めたもの

今回シューズに求めたのは…

  • 軽量
  • ノンプレート
  • クッション性と反発性のバランスが良い
  • デザイン

てとこです。

 

軽量

スピード練習をする際、特にショートインターバル走なんかの時には、【脚を速く動かす】神経を高めるのも目的の一つ。

年齢を重ねると、筋力もそうですがこの辺りの神経も衰える感じがあるので。

こういう目的だと軽さは正義。

脚を自由に動かせる感じがしそうな軽さ、を求めました。

 

ノンプレート

【脚を速く動かす】神経を高めるのに、プレートの助力はいらないんですよね。

疲れた時に頼ってしまうし。

脚を動かす、というより跳ねた走りになりがちなので。

 

それに加えて、「ノンプレートで楽にジョグしたいな」って時に使いたいなーとも思っていたので。

 

クッションと反発のバランス

一応、スピード練習に使うつもりなので、反発してくれることが大事。

でも、ガンガン練習で使おうと思うと、怪我が怖いのでクッション性が必要。

オールマイティーに使えるシューズで、少し反発寄り、ってのが理想。

 

デザイン

やっぱり、気に入ったデザインのシューズを履きたいんですよね。

日頃履かないような、少し派手目の、明るいデザインがいいですねー

 

スポンサーリンク

 

エボライドスピード2の概要

さて、そんなこんなを求めた中で、実際のエボライドスピード2はどんなシューズでしょうか。

 

まず重量

ホームページには『軽量』としか書いていなかった。

いろいろ調べると27cmで230gくらいのよう。

実際、お店で履いてみても軽く感じたので問題無さそう。

 

次にプレート

エボライドスピード2はノンプレート

ホームページには

カーボンプレートを搭載していないアイテムであり、軽量かつ自分の足で進める感覚のあるシューズです。

ASICS 公式ホームページより

とあります。

自分の足を動かしてトレーニングする、そのためのシューズを探しているのでピッタリ!

 

続いてクッションと反発のバランス

エボライドスピード2は、ホームページによると

ミッドソール素材のFF BLASTは、優れた反発性を発揮します。また、3D SPACE CONSTRUCTIONを搭載し、着地時の適度なクッション性を追求しました。

ASICS 公式ホームページより

とあります。

まさにクッションと反発の両立を狙った記載ですよねー。

そして、『エボライドスピード2』の名が示す通り、スピードを出す系のモデル。

両立はしているだろうけど、どちらかというと反発系なのかな、って期待できますよね。

 

そしてデザイン

私の購入時点で、3色展開していたのかな。

私が購入したのは『Sunrise Red/Black』

 

こういうのは好みなんだけど、結構気に入ってます。

ランニングシューズはちょい派手めを選ぶ傾向があるので、ちょうどいい感じですねー。

 

実際履いてみた感想

それでは実際のトコ、どう感じたのか等…

 

実際の重量。

27.5cmで238g

まあまあ軽め。

サイズも大きいのでねー

ちなみに、サイズ感は普通。

NIKEやadidasでも27.5cmなので、同じサイズ。

ただし、昔履いていた『ゲルカヤノ』とはラスト(足形)が違うようで、レーシングモデルらしく比べると少しスリム。

ただし、NIKE・adidas等よりも若干幅にゆとりあり。

 

履いた感触はやはり【軽い】

思った通り脚を回しやすい。

狙い通り。

 

プレートは入っていない・厚底・接地感薄い。

疲れてきても、変にプレートの弾力に頼らないので、ちゃんと脚を使って走れる。

んー良いトレーニングができてる!

 

クッションについては、接地感が硬めなので、最近のシューズでよく見るフワフワ感はない。

動画撮影してみた。

 

接地した感触は、ミッドソールの下の方だけが柔らかい感じる。

あとはしっかり詰まってる風。

ただ、厚底なので衝撃は吸収されている。

特に前足部は肉厚!

トレーニングをしっかりやっても、脚への負担は軽減されてそう!

柔らかくはないけど。

 

そのミッドソール素材は【FF BLAST】。

トップモデルに採用されているFF BLAST TURBOほど反発は無いようですが、柔らかくない分、けっこう跳ねる。

スピードモデルらしい作りです。

 

そしてデザイン。

私、けっこう好み!

流線形のグラデーション。気に入ってます!

 

そのほか感じることは、

◾️私、足がギリシャ型(人差し指が長い)。そのせいで常に『爪下血腫』… でも、このシューズはラスト(足型)がしっくりきているので、心配なさそう。

◾️厚底だけどミッドソールに硬さがあるので、そこそこ安定している。HOKAのクリフトンやリンコン等ほどではないけど。

◾️アウトソールのグリップは普通かな。気にはならない。

 ただし、雨の日は少し滑る。排水が甘いのかな。

 

そんなとこですかね。

兎にも角にも、思う存分スピードトレーニングで使えることは間違いない。

そして、自分でペースをコントロールしやすいので、普段のジョグでも問題なし。

このシューズ、特にこの春夏、私的に大活躍間違いなしです!