PR

【めざせサブ3.5! 練習日誌】ショートインターバル走600m×5本+1.5km キツい中で耐える!そんな練習 〜耐えきれなかったけどね〜

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
マラソントレーニング

昔からこんな言葉あったっけ?

それなりの年月を生きていると、ふとそんなことを思うことありますね。

 

リベンジ、タメ口、ガチ、タスクなどなど。

 

最近、「あーこんな言い方になったんだー」と思ったのが『ポップアップストア』。

いわゆる期間限定ショップ。

 

カタカナの方が馴染むのかなー。お客さんに刺さるのかなー。

一見して意味がわかる言葉、に重きがおかれなくなったんだろうねー

 

たにしんです!(X〈旧twitter〉 @tanishinrun

 

今回(8/11)はショートインターバル走でした。

相変わらず真夏の暑い最中。

朝ランでも30℃を超える中で、オールアウトしてきました!

 

ショートインターバル走の設定

さて、今回の設定。

600mを5本で、タイムは144秒(キロ4:00)

レストは120秒

5本終了後、5分休息して1.5km

設定ペースはキロ4:20

 

心拍数は、170代に突入するくらいになるかな。

私的には目一杯、って数字です。

 

コースは直進で600m。1%弱の勾配あり。

てとこです。

 

約1ヶ月前に同じ設定・同じ場所でやったメニュー。

その時は最後の1.5kmが大タレで。

今回はそのリベンジを期して、って感じです。

 

ショートインターバル走の狙い

今回、一番意識するのは

 

苦しくなっても粘る

 

です。

心肺の強化を重視ってことで。

 

ショートインターバル走なので、当然スピード強化のメニュー。

ただこのところは、スピード練習の効果として少しスピードが鍛えられてきた気がしてます。

 

なので、次は心肺の強化を意識したいな、と。

やる事が変わるわけではないですが。

 

あとはフォームもしっかり意識して、キツくなっても崩さないように。

具体的には、腸腰筋のあたりに意識をもって、そこが『伸びすぎないように』。

これは、脚が後ろに流れないように、前でさばける(シザース動作)ように、というのを違う意識で実践できれば、と。

 

スポンサーリンク

 

当日のショートインターバル走、どうだった?

さて当日。

気温は29℃だったようです。

シューズは、オールマイティなテンポアップシューズのホカオネオネ リンコン3。

 

走り出す前にはしっかり緊張感を持って…

スタート!

 

1本目 まぁこんなもんか。

でも5本持つか?(不安…)

 

2本目 む、後半しんどいぞ。

でもまだ大丈夫だ。

 

3本目 600m長いな。下り基調に助けられた。

次は上り基調だぞ…

 

4・5本目 必死すぎて「キツい!」しかない。

でも「俺は負けない!」

 

息も絶え絶えに5分休憩し、1.5km。

楽に、力まず、しんどいけどカラダを大きく使って…

あ、ペースがちと遅い…

 

で、結果はこんな感じ。

本数距離タイム最大心拍数
1600m142秒161
2600m138秒169
3600m135秒172
4600m140秒174
5600m138秒174
61.5km6:40
(4:27/km)
170

 

リベンジならず…(1.5km 設定 キロ4:20 → 結果 キロ4:27)

 

最後の1.5km、後半結構粘れたんだけどねー。

前半の借金が返せなかった、って結果。

まぁ暑かったし。

追い込めたんで良しとしょう。

あ、ちなみに前回の大タレの時はキロ4:37だったので、その時よりは頑張った!

 

ショートインターバルの600m 5本については、心拍数も170を超えるまで頑張れたんで、まあまあでしょうか。

今回の狙いは心肺の強化。

実際、3本目からかなりキツくて、4〜5本目は走り出して100〜200mで「キツい!」。

そして最後の200m程がさらに「キツい!」

 

でもね。今回はここからが練習。

とにかく粘る粘る。

フォームを変えずにね

 

この『粘る』ということでは、ショートインターバルの部分では結果最後まで設定通りに行けたので、狙い通りの練習になったのかな。

『フォーム』は…どうだろ。意識はし続けられてたんで良しとしようか。

 

ということで、全体的に良い練習ができたということで。

 

終わってからハムストリングスに強めの張り。

ま、私的に負荷の高い練習をしているので、どこかしらに不具合はでてくるわな。

ひどくならないように、カラダのケアをしっかりと。

肝に命じて。