PR

【レビュー】PUMA FAST-R ニトロエリート 見た目に反してクセの少ないスーパーシューズ! 厚底・軽量でスタイリッシュ! 〜ハーフマラソン走ってみた〜

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
レビュー雑感・商品紹介

PUMA FAST-R ニトロエリート(初代)でハーフマラソンを走ってきました!

このシューズ、ブログを書いてる時点で2代目が新発売!

だからこそ買えたスーパーシューズ。

もしかしたら、私のように型落ちを狙って検討するランナーもいらっしゃるかも…

 

ということで、雑感を書いてみることにします。

 

結論から言うと、

 

ホントにクセの少ないシューズ!

おじさん凡ランナーでも普通に使えんじゃね。

 

PUMA FAST-R ニトロエリートの概要

さて、FAST-R ニトロエリートの概要をサクッと。

 

このシューズ、PUMAのランニングシューズとしてはトップレーシングモデル。

定価は3万を超えます!

 

でもね、上でも買いた通り『2』が発売されまして。

型落ちとなったこのモデルを、35%OFFで購入したわけです。

 

重さは実測(27.5cm)で226g

 

ミッドソールは、クッション性と高反発性を両立させた『NITRO ELITE FORM』

触ってわかるくらい柔らかい素材。

分離している踵部分はEVA。

割と一般的な素材ですかね。

前足部のNITRO ELITE FORMと比べると硬いですね。

 

アウトソールは耐久性が高い上に、しっかりグリップしてトラクションをかけやすい『PUMA GRIP』

 

当然カーボンプレート『内蔵』

剥き出しです!

 

シュータンは、伸縮性があってフィット感が良く、履き心地の良い一体型

 

アッパーは、薄くて通気性が良さそうだが、しっかりした生地で耐久性が良さそう。

 

と、まぁこんな感じですかね。

詳しくは、PUMA公式ホームページの商品紹介ページへ ▶︎こちら

 

スポンサーリンク

 

FAST-R ニトロエリートを履いてみた感想

ここからは、実際に履いてみた感想。

 

まずはサイズ感

NIKEやadidasで27.5cmを履いている私、この商品もサイズは27.5cm

全く問題なし

 

履いてみた感触は、

 

めっちゃ履きやすい!

 

見た目が、前足部と踵が分離しているし、プレートも剥き出して、正直奇抜。

 

個人的には、戦闘機みたいでカッコいいと思っているのですが、なにぶんファッションセンスはないもので…

 

そんな見た目ですが、とにかくクセが少ない

この秋まで、レースシューズとして同じPUMAの【ディヴィエイトニトロ2】を使っていました。

 

そのシューズもクセが少なく、これ一足でジョグからポイント練習、レースまで使える一品だったんですが、それの正常進化版という感じ。

実際、アッパー以外の作りや素材、厚みなんかはよく似てますからね。

 

そしてこのFAST-R ニトロエリートも、履いたその瞬間からレースでもポイント練習でも、なんの違和感もなく使えるように感じます。

 

走ってみると、前足部柔らかく少し沈み込みがあります

この『少し』が絶妙。

これがあるから、ペースがそれほど速くなくても気持ちよく履ける。

 

それでいてペースが上がれば、その『少し』の奥にある高反発な素材達がいい仕事をして、しっかり踏んだ分、高い推進力が帰ってくる

 

で、この価格帯のレーシングシューズは、この反発がある上で軽いから素晴らしい。

FAST-R ニトロエリートも、軽量なので脚がよく回る。

上で書いたように、履いた感触はディヴィエイトニトロ2に似ているんですが軽量感が全然違う。

アッパーが、中身が透けるくらい薄いので、かなり軽そう。

これがきっと全体的な軽量化に寄与してるじゃないかなー。

 

そしてプレート

これは屈曲の硬い柔らかいに影響してくると思うんですが、手で曲げても屈曲はしません。

でも走ってると、そこまで硬さは感じないんですよね。

これも【履きやすい】と感じる要因。

 

私程度のペース・脚力では、おそらくプレートの助力は引き出しきれていない。

でも、その時にシューズが「硬いなー」と感じてしまうか、そうでないかで、そのプレートシューズを使えるかどうか変わると思うんです。

私的には。

 

あと、アウトソール

あまり話題にのぼらないですが、『PUMA GRIP』優秀だと思うんですよね。

ディヴィエイトニトロ2も同じアウトソール。

天候を選ばずグリップします

安心してカラダを預けています。

もっと評価されてもいいアウトソールだと思うんですがねー。

 

で、このシューズでハーフマラソンを走ってみました。

当然、PB。

 

100分切りに向けて、しっかり練習も積んで臨んだレース。

結果的には難なくクリア。

 

でも、おそらく大部分はシューズのおかげ。

練習でのタイムを考えると、少し出来過ぎ…

 

走っている感覚として、キロ10〜15秒くらい速い。

上手くピーキングができてたり、当日の気候が良かったり、ということもあるでしょうが、それを差し引いても速い。

 

脚もしっかり残ってた。

 

結果を踏まえてから、フルマラソンでも使うか決めようと思ってましたが、文句なく使います!

 

イマイチな部分

このシューズ、クセがない分気に入らないところも少ない。

でも、あえていうなら、踵の出っ張り。

 

これいらないけどなー。

靴を脱ぐ時に、手を使わずに脱ごうとすると、この部分がプラスチック?で硬いので、普通に痛い。

必ず座って脱ぐ方には関係ないですが。

 

あとはね…

 

ないですな。

 

兎にも角にも履きやすいレースシューズ!

いい買い物したっす!