ドクターエア リカバリーガン レビュー 〜ランニングのケアとして〜

スポンサーリンク
カラダのケアレビュー雑感・商品紹介

前々から気になっていたギア。

 

リカバリーガン(マッサージガン)!

 

フルマラソン後に脚の不調が続いていたこともあって、思わず買ってしまいました!

 

買ってからほぼ毎日使っているリカバリーガン。

ここいらで感想を載せてみようと思います。

あ、あくまでも市民ランナー目線です…

 

今回のリカバリーガン、結論から言うと、

 

手軽にケア!

脱力してケア!

 

この2つでは、まさに最強ギアだ

 

購入に至るまで

なぜリカバリーガンを購入したの?

購入するまでは、日頃のケアはランニング前にフォームローラーでの筋膜リリース、ランニング後はストレッチ、というパターン。

それ以外に、月イチでストレッチに通っています。

 

当方、アラフィフのランナーですので、年々カラダのケアには気を使うようになってきました。

また、興味も増し増しです。

 

日頃このくらいのケアをしていても、カラダのあちこちは張ってくるし、ちょこちょこ痛いところも出てきます。

 

なんで、「もっといいケア方法はないかなー」なんて思うわけ。

 

そんな中で、このところランニング系のYouTubeなんかで見かけることが増えてきた【リカバリーガン】

興味出ますよね!

やっぱギアは上がるね!

 

ま、それだけじゃなくてフォームローラーを日頃使っていることでもわかるように、私は「筋膜リリース」に興味が強い。

それに効果がある、て触れ込みだったこともあるんだけど。

 

そんな時に奈良マラソン2021を走って以降、腸脛靭帯の張りが取れなくなった。

その前から痛めている後脛骨筋腱炎も疼く。

挙句、少しランニングを中止する辞退に。

 

 

この休足期間に、なんとかして状態を良くしたい!

それじゃ、前から気になってる【リカバリーガン】を買っちゃおう、でわけ。

リカバリーガン

なぜドクターエア?

マッサージガン、もしくはリカバリーガンって調べて、大抵名前が挙がってくるブランドは、「ドクターエア」・「マイトレックス」。

 

粗悪品を掴んじゃうと、変に重すぎたりパワーが弱くて止まっちゃったりするみたいなんで、初めて買うこともあって無難なブランドの物を買いたい。

そしてフォームローラーも持っているのでこれにだけ頼る、というつもりもない。

であれば、これらのブランドの手頃な値段のものがいいだろう、と。

 

となると、ドクターエアのリカバリーガン一択なんですよね。

 

ちなみに、「ドクターエア」ブランドは株式会社ドリームファクトリーのトータルケアブランド。

この商品以外にも、美容系やマッサージ、フィットネス関係のギアを展開しています。

ブランドページはこちら

 

また、ドリームファクトリーは2002年設立の大阪の会社。

「私たちが創造するモノを通じて、世界中の人々をHAPPYにすること。」を企業理念にしているらしい。

詳しく知りたい方はこちら。

使ってみた感想

リカバリーガン概要

さて、このリカバリーガンですが、強度は3段階(2,300回/分、2,900回/分、3,500回/分)。

ストロークは少し短く5mm。

アタッチメントは4種類(球形、円形、U時形、円錐形)とポピュラーな装備。

充電はUSBのTYPE-Cで今のトレンド。満充電で3〜4時間使えます。

重量は620gです。

リカバリーガンの使い方

電源入れて、ほぐしたい箇所をなぞるだけなんですが、幾つか注意点が。

 

まず、マッサージガンを押し付けないこと。筋肉が傷ついたりするらしい。

そして同じ箇所に長い時間当てない

私は基本動かしながら使って、硬くなっていそうなところ(痛いところ)は5〜10秒当てて、みたいな使い方です。

長く当てすぎると、逆に筋膜の癒着を促進しちゃうらしいんで。

この辺りはフォームローラーと一緒ですね。

 

実際に使うときは、強度は一番ゆるいのに合わせて使い始めるのがいいようです。

振動に強い弱いが個々人で違うのでね。

 

ちなみに私は「中」で使うことが多いです。

一番心地よく感じるので。

スポンサーリンク

 

実際使ってみて

使用シーン

で、これを使い始めたのですが、最初に書いたとおり何が良いかって、

 

手軽にケア出来ること!

 

手に取りやすい所に置いておけば、ふとした時に使えます。

私なんかは、仕事から帰ってきてまず使いますね。デスクワークや通勤で意外に筋肉使いますからね。

その後テレビや動画を見ながら使い、お風呂上がりにも使います。

お風呂上がりはストレッチとかもしますが、最近はこれが手軽すぎてついつい使っちゃいますね。

そして翌朝、寝起きで固まった筋肉をほぐすのにも使います。

 

そう実は、ランニングのケアに使うのを目的に買ったのに、毎日のケアに使うことが多くなってるんですよね。

 

手軽だから!

 

まぁそうは言っても、ランニングでカラダを酷使しているから日々のケアが重要なんですけど。

それまでは、ランニングをしない日のケアが疎かになりがちだったんで、とても重宝しています

 

当然、ランニングの時にも使います。

主に使うのはランニング前。

筋肉リリースは運動前の、筋肉のウォーミングアップに効果的なので、走る前にサクッとやっちゃいます。

それとランニング後。基本ストレッチをするのですが、その前にサクッと使います。

筋膜リリースって、やった後にストレッチすると効果的、なんて読んだことがあるのでね。

 

主に当てるのは、

  • 腸脛靭帯
  • 大臀筋、中臀筋
  • 大腿筋膜張筋
  • 腓骨筋
  • 腓腹筋
  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 足底

といったところかな。


そして効果

まぁ実際、効果ってわかりにくいですよね。

言われている効果としては、

  • 筋膜リリース
  • 血行促進
  • 筋肉をほぐす

といったところでしょうか。

 

これを使って、痛めている箇所が劇的に良くなった!

ということはないです。

魔法じゃないんでね。

 

あくまでも「ケア」用のギア。

「治療」するわけではないので、使ったら故障が癒えるなんてことは考えないほうがいいかな。

 

日々上手に使って、故障をしにくい状態をキープするもの、と考えないと。

 

でもね、効果が出やすいんだろうな〜と思うことが一つ。

 

脱力してケアできる!

 

ストレッチにしても筋膜リリースにしても、力んで筋肉が固くなるのは効果を薄めてしまう、と思っています。

ストレッチでカラダを伸ばしたり、フォームローラーに体重をかけたりする際にどうしても力が入るんですよね。

意識して脱力しようとはしていますが。

その点、【リカバリーガン】なら筋肉を弛緩させたままでケアすることができます。

 

あとね、「筋膜リリース」で考えると、フォームローラーとの相性がバッチリ!

 

【リカバリーガン】に弱点があるとすると、広い範囲をケアするのに時間がかかる。それと背中に使いづらい

でも、それらはフォームローラーの得意場所。

具体的にいうと、腸脛靭帯・背中・ふくらはぎ、ハムストリングスなんかはフォームローラーの方がケアしやすい。

逆に、ふくらはぎ外側・すね・足裏・お尻・肩周辺なんかは【リカバリーガン】の方が刺激が入る。

 

あ、「治療」するものではない、と書きましたが血流を促し、筋膜の癒着を緩和し続ける事でカラダの治癒力を生かしやすくすることは可能だと思っています。

 

炎症を取り去る効果はなくても、遠因が様々な箇所の筋肉にあるのなら、その疲労を軽減することで痛みがなくなるのを早めることができるってね。

そもそも「炎症」って本来そんなに長く治らないものではない、ってなにかで見た気がする。

「炎症」の原因があり続けるから治らないんだってことなんだろうね。

 

まとめ

今では、私のケア依存度N0.1に躍り出た【リカバリーガン】

上手に使い続けて、楽しいランニングライフを長く続けていきたいですね!

 

シェアする
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
icon icon

【アルペンオンライン】

スポンサーリンク
【初回限定プライス実施中】体験はこちら
スポンサーリンク
【初回限定プライス実施中】体験はこちら
スポンサーリンク
事務員さんのランニングブログ!