PR

【めざせサブ3.5! 練習日誌】ペース走 5km+3km+1km カットダウンで挑むペース! 〜成長が見えない…〜

スポンサーリンク
ミズノ公式オンライン
マラソントレーニング

私、学生の頃、あまり無理して勉強した、って記憶がない。

ゴールを決めずに、通常運転のペースで勉強して、それで行けるとこまでで終了、て感じ。

徹夜したり、とか塾行って成績を、とか無かったね。

まぁ真面目くんだったんで、成績が悪かったわけではないんだけど。

 

少年野球をしてた時もそう。

参加自由の練習日なんかには行かなかったなー。

変に余裕を残してた。

 

言い方を変えると、目標に向けて逆算する、みたいなことがなかったのね。

目標が達成できないから頑張らないと!がない。

今、普通にできることをやるだけ。

 

少し後悔してます。

 

たにしんです!(X〈旧twitter〉 @tanishinrun

 

今回(9/14)はペース走でした。

気候のせいなのか、それとも疲労がたまっていたのか。

バテるのが早く感じる日でした。

それでも必死に走って、結果を見ればそこそこ走れたけど…みたいな練習でした。

 

ペース走の設定

さて、今回の設定。

 

5km(キロ4:40)+3km(キロ4:25)+1km(フリー)のカットダウン走。

レストは5分

 

京都賀茂川河川敷で、それぞれ1周したらその距離になるようなコース。

 

5kmは閾値走(キロ4:30で20分)よりも少し遅いペース

3kmはインターバル走(1kmキロ4:15×5本)よりも少し遅いペース

『遅いペース』だから、少し余裕を持っていきたい。

 

まぁこの時期のポイント練習で、余裕を持って終わった記憶などないんですけど。

 

で、最後の1kmは、できれば4分を切りたい。

 

1年と少し前に同じメニューで走ってます。

今回は残暑厳しい時期(9月中旬)ですが、前回は暑い夏に向かう時期(6月中旬)。

さてさて、どの程度成長しているのやら…

 

ペース走の狙い

今回のペース走。

全体を通して狙っているのは【スピード持久力】の向上。

あとは【閾値の向上】【乳酸処理能力の向上】

まぁこのところのポイント練習では、常に狙っている効果ですが。

 

一応、それぞれの距離でも考えがあって。

最初の5kmは、かなり閾値走に近い感じになると思うので、最後【ちょっとキツイな】くらいになるだろう。

きっと「いやーこれ次の3kmムリじゃね。ペース下げようかな」なんて囁きが聞こえてくるはず。

でもそのまま粘る練習。

 

次の3kmは、中盤から輪をかけてキツくなってくるはず。

乳酸も処理しきれずに、スピードを保つのがムリ、ってなってくる。

きっとアゴも上がって、首を振り振りしながら必死こいて走ってるんです。

50代のおじさんが…

その状態で、粘る、というよりは気持ちを切らさず、フォームを保ち、最後まで走り切る練習。

あ、この時点で『余裕のない』状態が確定だわ。

 

最後の1kmはオマケ。

ま、無くてもいいんですけど。

大きなフォームを意識しながら、レストで戻った体力を使い切ってしまおう、みたいな練習。

 

さぁ頑張っていきましょー

 

スポンサーリンク

 

当日のペース走、どうだった?

さぁ当日。

なんかね、緊張感ある。

 

あーたぶん本能的に感じてるんだろうねー。

「キツくなるぞ、おそらくギリギリだぞ」ってね。

 

シューズはポイント練習用のアディゼロ ボストン10

 

で、結果はこんな感じ。

本数距離設定ペースペース
15km4:404:40
休息
23km4:254:24
休息
31kmフリー4:12

 

加えて、前回(約1年3ヶ月前)

本数距離設定ペースペース
15km4:454:39
休息
23km4:304:24
休息
31km4:004:10

 

ふふ、

 

成長が見えねー

 

まぁ言い訳するなら、前回はレスト10分、今回は5分。

気温は…一緒くらいだな。

 

それぞれの走りは、予想していた通りの感じ。

最初の5kmでは「次の3km、ムリじゃね」って思ったし。

続く3kmではアゴが上がって余裕なかったし。

最後の1kmは4分切れなかったし。

 

とはいえ、設定はクリアできてる。

ペースも維持できてた。

乳酸もドバドバでた出たのを、きっと頑張って処理してくれたはず。

 

余裕はなかったけど、実りある練習だったー

はず。

 

余裕のある練習は、涼しくなるまでお預けだな。