ジョグ13Km 改めてペガサス37は使いやすシューズだなーと思う。

マラソントレーニング
スポンサーリンク

今回(5/30)はジョグ13Kmでした。

 

たにしんです!(twitter @tanishinrun

 

結果。

 

朝からけっこう暑く、でも真夏はこれより10℃程上がるかと思うとゲンナリする、なんて思いながら走りました。

最近、週末のジョグしか外ランをしないからか、心拍数としんどさが合わない感じが多かったのですが、今回はいい感じでした。

特に前半は、「ジョグ!」っていう感じでらく〜にランニングできました。

 

なんだろう、今朝長めに寝られたからかな。

 

ところで、もう何ヶ月も膝(腸脛靱帯)・内くるぶし(後脛骨筋腱)の調子がなかなかよくならないので、あの手この手を試しています。

 

前回の記事で挙げたように、

今は【二軸走法】を練習中。

 

今の所は、いろいろ調整しながら自分なりの感覚をつかもうともがいております。後日記事にしてアウトプットしたいと思います。

 

閑話休題。

今回シューズはズームペガサス37。

平日のトレーニングにトレッドミルを使いだしてから、通勤・帰宅ランの頻度が減って、それ用に買ったこのズームペガサスの登場機会が減っているので、ジョグで積極的に使おうかと思っています。

 

以前にズームペガサス37のレビュー記事をあげています。

つい最近までは、ジョグの時は使い古したズームフライ 3を使っていましたが、

ズームフライ 3

 

これも以前にレビュー記事をあげています。

これはこれでまだまだ履けそうなのでいいのです。

 

ただ改めてズームペガサス37でジョグをすると、やっぱり強すぎない負荷でトレーニングする場合にはいいシューズだなー、って思うんです。

 

最近思うのが、「オールマイティ」。

そこそこクッションがあるけど地面の感触も感じられて、踏むべきところで踏めばしっかり反発する。

カーボンに慣れていると、非カーボンの反発の少なさに違和感を感じることがあるのですが、【ズームエア】のおかげかさほど感じません。

 

重量も重すぎず、素材の配分もあるのか実際より軽く感じます。

 

アッパーもミッドソールも「やわらかな」感じがあって、プレートが入っていないこともあって「足に攻撃的」なところがありません。

 

アウトソールも足裏全面をカバーしているので、耐久性にも問題ありません。

 

おかげで落ち着いたペースを作りやすくて、いろんな意味で負担が大きくなりすぎないシューズに感じます。

 

ポイント練習落ちのシューズをジョグに使うパターンが多いのですが、ジョグ用のシューズっていうのも準備しておくべきなんだなーって改めて思いました。

ムカデ化が心配ですが…