ふくらはぎを痛めました。 故障発生からランニング再開まで 〜自分診断では軽度の肉離れ〜

その他カラダのケア
スポンサーリンク

梅雨に入ってもう随分日が経ちました。天候の悪い日が多くて室内トレーニングに精が出る方も多いでしょう。

かくいう私もトレッドミルを中心に室内トレーニングに励んでいます。

が、四畳半の密室エアコンなしの中で家庭用サーキュレーターのみで頑張っているので、PCでエアコンの情報についつい目がいく日々…

 

たにしんです。

 

表題の件。

そうふくらはぎを痛めました…

 

故障の発生は6/28。

この日はジョグを13Kmほど走る予定でした。

ちなみにシューズはズームペガサス37

ズームペガサス37

家を出る前にしっかりとフォームローラー で筋膜リリースをして、その後2Kmのウォーミングアップジョグとランニングドリルをこなす。

とくにふくらはぎに異常はなし。

 

でほどなくしてジョグ開始。

寝落ちが続いていて3日程カラダが動かせていなかったこともあってか、調子はイマイチ。

 

まあそれでも淡々とジョグをしていたのですが、3Km手前で…

 

急に左ふくらはぎに激痛!

 

すぐにジョグを中止(無理して走る、ということができないくらいの痛み)。

そこからとぼとぼと足を引きずりながら歩いて帰宅。

 

自己診断では軽度の肉離れ。

箇所は腓腹筋外側頭下部もしくはヒラメ筋。

めんどうでしたので病院には行かず(まあ軽度でしたので)。

 

原因として考えられることは

  • O脚の矯正・足の小指側からの着地を癖づけるため、日頃の歩行時に脚を外旋気味にしていた。
  • 内くるぶしの痛み(自分診断:後脛骨筋腱炎)を治すためにフォアフット〜ミッドフットからヒールストライクへの修正を図っていたが断念。もとに戻そうとしていた。
  • 久し振りの早朝ラン。気温が20℃前後で涼しかった。
  • 上述の内くるぶし(右足)の痛みが結構強く、久しぶりに足首にサポーターをまくほど。その分左脚に負担がかかったか。

などなど。

病院にも行っていないので原因もわからないですが、とりあえず思い当たる節はたくさんあり、なにかしらの負担がかかっていたのは間違い無いでしょう。

とりあえずランオフになりますので、ジョグまたはトレッドミルが再開できるまでの状況を備忘録的にまとめていきます。

故障初日

朝に故障発生。

1日中、歩くときは若干びっこを引いています。

歩くたびに痛みを感じる状態

圧痛もあり。

2日目

痛みは随分和らいだ。

普通に歩く分にはほとんど痛みは感じません。

でもまだカラダが普通に動かすことを拒絶している感じで、少し歩き方がおかしいです。

踏ん張る場面ではまだ痛みがあります。

圧痛もあり。

3日目

痛みというよりはとても強い「張り」に変わってきた。

歩くのには、強い張りは感じるが普通には動かせるようになってきた。

圧痛は薄くなってきた。

4日目

ほとんど違和感なく過ごせました。

歩いていても張りを感じることはありませんでした。

圧痛も無し。

そろそろカラダを動かし始めようか。

5日

違和感なし。圧痛なし。

患部を揉んでみても、ストレッチをしても特に問題なし。

さあトレッドミルだー、と思ったら寝落ち…

 

Yogiboめ!

 

6日目

とうとうランニング復帰!

 

ちなみにここまで、ランオフしていた以外は患部に「ロキソニンゲル」を塗ったくらいで特別なことはしていません…

 

さあ、とおもったのですがあいにくの雨☔️でしたのでトレッドミルでZWIFT RUN!

◆トレッドミルを購入した時の投稿はこちら

◆で、ZWIFT RUNを導入した時の投稿がこちら

 

とりあえず30分ほどゆっくりペースで走ってみました。

まぁ特に問題なさそう。

ふくらはぎが肉離れだったとすると、痛みがなくなっても治ったわけではなく、これから時間をかけて患部が筋肉に入れ替わるそうで、それまでは伸縮性も乏しいのでまた故障しやすいそうです。

なら走るなよ!というとこなのですが、そこはもうガマンできなくて…。

 

一応、当分ジョグ中心にして、ポイント練習は控えるところで手を打とう。

※※※

追記

結果、2週間後にポイント練習再開!

特に痛みもないので、ここでほぼ完治。

中5日空けたこと、フォームを見直したこと

信頼のおけるサポーターを使ったこと、

このあたりが早め?の完治の要因ですかね。

しっかりこの流れを覚えておこう!